サブカル見聞録小説

サブカル見聞録

趣味と実用と哲学を兼ねたぼっちヲタ応援ポータルサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」は結構萌える

Twitterよりも内容が短い予定でした。


最近読みたくなったヘルマン・ヘッセの「車輪の下」
理由は
・海外の小説も(有名ドコロは)読みたい
・NHKの5分で分る「車輪の下」で萌え萌えだった(イミフ)

ヘルマン・ヘッセの名を聞いたことあったので調べるとあの有名な
「少年の日の思い出」での作者であった。ドイツ人らしい
国語の教科書でもひときは強烈な印象の作品
エーミール、クジャクヤママユガ、そしてセリフの
「そうか、そうか、つまり君はそういうやつなんだな。」
教科書を渡されたらいの一番に面白い小説を探し、一気読みするのが私のスタイルで、
この作品がどう授業で取り扱われるのか楽しみすぎたのを今でもはっきり覚えている。

さてヘルマン・ヘッセの一番有名な作品「車輪の下」はヘッセの自叙伝的な作品らしい。
僕は靴屋の明るい娘にキスを迫られるというシーンが有るという情報だけで読み進める自信があった。
萌えという表現は無いにしろ結構いいシチュだと思える。読みたい。
だが青空文庫にない。おそらくまだ著作権が残っているのだろう。
というと購入か図書館。図書館で借りると返さないといけないという義務感に押され楽しく読めない。
只今読む時間がないので非情に困惑している。

とりあえず賛否両論だが漫画で小説を理解するというのはアリだと思った。

そこでメモ程度だが面白いサイトを紹介
イカれた文房具たちが登場人?物な小説「虚航船団」
を萌え絵で楽しめるサイト「ドレミっちの穴」の
萌え絵で読む虚航船団というコンテンツ
http://www.geocities.jp/kasuga399/oebi_kyokousendan1.html
現在※第一章終了まで残り3ページらしい。
あと2章あるので是非描いていただきたい。こういう小説は非情に面白いが同時に非情に頭を撚る。

ちなみにリドル・ストーリー(物語中に示された謎に明確な答えを与えないまま終了することを主題としたストーリー)もオモシロイと思った。
リドル・ストーリーの代表的な「女か虎か」を是非呼んで欲しい。短いので!
よんだら「あー映画でよくあるこういうやつね!」となってもらえるはず。
映画なら人気が出たら2が作成され、答えが提示される。ないんだなぁそれが


引用・参考サイト
http://dic.nicovideo.jp/a/エーミール
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘルマン・ヘッセ
女か虎かの全文
http://f59.aaacafe.ne.jp/~walkinon/ladyortiger.html
スポンサーサイト
Clip to Evernote
[ 2013/12/21 02:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

安部公房の「箱男」を読みました。

口調が映る。とくに西尾維新とかいうのは特徴的過ぎて見事に感化される。



本屋でノーベルうんたらの売り文句を見て教科書と言う名の小説集―この表現もSSで知ったのだが―で安部公房の鞄にひどく惹きつけられたのを思い出して手にとったのがきっかけとなるのだが、
深く追求すると、最初の一文「これは箱男についての記録である」で買いたいと思った。
安部公房の鞄は今でもほんの少しだけというのはおかしいが腑に落ちてない。
(教科書を手に入れたら目を通して好きな話を見つけ、作者をチェックするの人は多いのではないだろうか)
この筆者が書く―といっても鞄と箱男しか知らないが―物語はまるで「世にも奇妙な物語」そのものである。
「鞄」でもう一作同じ人が書いたのを読みたいと思っていたが、図書室に赴くこともしない。ましては進んで小説を買ったり(ラノベを含む)しない私だが

面白かった。

今回一番特徴的だったのは「いつの間にか主人公が変わってる」完全にポルナレフ。
↑のを買いてても(この表現で合ってるかなぁ)となっています。うん。
2つ目はこの小説はノートに書いてあることになっている。
Wikipediaや解説サイトを見てくれればわかるが幾つかの章?にわかれていてるところ。
ノートに書いてあるので途中に追記などサれていてリアル。
登場人物は

浮浪者=箱男(腰までとどく段ボールに身を包み社会に潜む)
裸女
贋医者
贋医者に殺された?本物の医者

あとは変態少年
変態おとん

とかなり適当な解釈してみました。まだ一回目だし、これは感想だから勘弁して欲しい。
あとネタバレも避けたいので詳しくは書かない。

途中からこんがらかってきたが丁寧にも解説が後ろに乗ってたので、解読能力が乏しい私でも楽しめたし
ところどころに公房の撮った写真もあり読み進めやすいです。
ま、本編との関連性は不明でした。私の理解力では。

・内容が内容なのでちょっぴりエロ?グロ?な雰囲気もありました。
・意味不明な小説を読んで解説&考察サイトなどを眺めるのは、アニメの感想を言い合うのに似ている。
さいごに。この箱男、メタルギアのスネークさんに似てるなーと思ってたらオマージュ元でした。
おわり。(感想文なのに支離滅裂でごめんね!)

参考リンク
安部公房 「箱男」《13》 続・謎解き

箱男@WIKIPEDIA

箱男@ニコニコ大百科

Clip to Evernote
[ 2012/10/23 00:26 ] 小説 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
(気になるワードを入れるとコスパ記事が読めます)例:イヤホン
プロフィール

モエオタク

Author:モエオタク
ぅゎゃょぃっょぃ

     , ‐、 ,- 、
     ノ ァ'´⌒ヽ ,
   ( (iミ//illi)))   
     )ノ`リ・ω・ノ(  
 _, ‐'´  \  / `ー、_ 
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、   ー / ー  〉
   `ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く

―――――――――――――――

アイマスとガジェット大好きです。
ブログの略称はサブロクに決めました(`・ω・´)シャキーン

近状:艦これから離れて1年半提督です。

ポケモン新作待ち遠しい。



アニメ、ゲーム、ネットだけでなく、オーディオ機器なども取り扱います!!

メインブログの実験サイト。



オタク趣味のための"コスパ最強"を求めていきます!

コメントとか
デジファイの付録気になる。
家電製品横断検索もどきβ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
アーカイブ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


http://moeotaku.blog.fc2.com/archives.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。